スピードマスターのオーバーホールが安いおすすめは?正規以外で実績のある時計修理専門店5選

スピードマスター オーバーホール

スピードマスターのオーナーにとって一番の悩みのタネは・・・
それはやはり、オーバーホールではないでしょうか?

クロノグラフのスピードマスターは、三針時計に比べ機構が複雑であることからオーバーホール料金は高め。
さらに、オメガの正規(スウォッチグループ)メンテナンスは、他メーカーと比べて料金が割高だといわれており、その対応に関する評判もお世辞にも良いとは言えません。

もちろん、正規のメンテナンスにもいくつか良い点はあるでしょう。
しかし、正規なら7~8万は当たり前、場合によっては10万を超えるのがスピードマスターのオーバーホール料金です。

このあまりにも高額なオーバーホール料金を少しでも安く済ませたいなら・・・
そう考えたら、やはり一般の時計修理専門店をあたってみる以外、他に方法はありません。

 

正規のスピードマスターのオーバーホール料金

スピードマスター オーバーホール

オメガの正規メンテナンスでは、スピードマスターの“メーカー標準修理価格”(要はオーバーホールの基本料金)を下記のように設定しています。

■スピードマスター(機械式):78,000円(税抜)
■スピードマスター(クォーツ):52,000円(税抜)
参考:コンプリートメンテナンスサービス/OMEGA

ただでさえ高額なオーバーホール料金です。
しかし、これはあくまで標準価格であって、別途部品交換が発生した場合はその部品代も請求されます。
よって、予めメーカー標準修理価格に+2万円くらいは覚悟しておくべきでしょう。

さらに、オメガの正規メンテナンスは、まだ使える部品であっても積極的に交換してしまう傾向があるようです。
理由は手間のかかる修理よりも、ごっそり部品ごと交換した方が売上も立つし経費削減にもつながるから。

理由についてはあくまでうわさで、本当かどうかはわかりません。
ただ、その部品代が全てオーナーの負担になるということだけは、間違いない事実です。




高級時計の修理なら時計修理専門店シエン

 

スピードマスターのオーバーホールが安いおすすめの時計修理専門店5選

オメガの正規メンテナンスにオーバーホールを依頼するメリットは、やはり何と言っても“安心感”を得られることです。
純正以外の部品が使われる心配はありませんし、漏れなくオーバーホール後の2年間の保証も付いてきます。

そのため「どんなに高くても安心の正規を選ぶ」ということであれば、それはその人にとってベストの選択だといえるでしょう。

一方、一般の時計修理専門店を選ぶメリットといえば、何と言っても一番は料金が安いことです。
実際、正規の半額以下というところは、決して少なくありません。

また、納期が早いのも特徴。
正規では1~2ヶ月以上かかるところを、最短3週間で仕上げてくれるところもあります。

そんな一般の時計修理専門店の中から、最後におすすめの5店をご紹介します。

【スピマスのオーバーホールおすすめ店5選】

 

どれもスピードマスターの修理実績が豊富なお店ばかり。
また、問い合わせや見積りは無料なので、気になることがあれば気軽に問い合わせてみると良いでしょう。

おすすめの記事

スポンサードリンク スポンサードリンク
ブランド腕時計専門店『ザウォッチカンパニー』
人気ブランドの新作や希少モデルが続々と入荷中

メンズ腕時計の人気店・有名店
ロレックス・オメガ・パネライなど高級機械式時計が充実

Trend items
人気の『時計ブログ』はこちら!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

にほんブログ村

このページの先頭へ