ロレックスエクスプローラー1・2の定価推移と買取価格(214270・216570)

スポンサードリンク

 

ロレックスエクスプローラ1・2新型の評判や人気について

探検家(エクスプローラー)のための時計として、初代ロレックスエクスプローラー1が開発されたのは1950年代のこと。

以来エクスプローラー1は、Ref.6350 ⇒ Ref.6150 ⇒ Ref.6610 ⇒ Ref.5500/5504 ⇒ Ref.1016 ⇒ Ref.14270 ⇒ Ref.114270 ⇒ Ref.214270

と進化を繰り返し今日に至ります。

 

新型のRef.214270が誕生したのは2010年。

ケース径がそれまでの36mmから39mmに大幅アップし、視認性が向上しました。

さらにロレックスが独自開発したパラクロム・ヒゲゼンマイ、パラフレックス・ショックアブソーバーの新ムーブメントを搭載し、より一層時計としての精度がUPしています。

 

ロレックスエクスプローラ1は、初代から一貫してカレンダーさえ持たない究極のシンプルデザイン。

そのシンプルさ故、いつの時代もTPOを選ばず幅広いシーンで着用でき、幅広い年齢層から高い支持を得ています。

 

【日本全国いつでもどこでもロレックスをスピード買取!まずは簡単入力で無料査定♪】



 

エクスプローラー1の機能性と堅牢性をさらに高め、その上位機種という位置づけで開発されたのがエクスプローラ2です。

1970年代初頭に初代エクスプローラー2が誕生すると、その斬新なデザイン性からスポーツロレックスの中で最もチャレンジ的と大変話題になったそうです。

また、スポロレの中では貴重な『白文字盤』が存在することで有名ですが、1988年~1990年の僅か2年間のみ製造されたRef.16550には、とても珍しいアイボリーダイヤルも存在しました。

 

新型のRef.216570が誕生したのは2011年。

こちらも従来よりもケースサイズがアップし、42mmの迫力あるモデルになりました。

文字盤のデザインはかなりポップな印象になったため、この辺りは非常に好みが別れるところですが、白文字盤を中心にコアなファンからの支持を得ているようです。

 

ロレックスエクスプローラー1・2新型の定価推移


新型のロレックスエクスプローラー1・2(214270・216570)の定価を、2017年から2013年まで遡って表にまとめてみました。(※価格は全て税抜きです。)

表を見てわかる通り、1・2共に2015年の時点で値上が実施されていました。

1は45,000円、2は55,000円の値上げでした。

2015年から現在の2017年11月までは価格が維持されていますが、今後の動向については大変気になるところです。

Trend items

 

ロレックスエクスプローラー1・2新型の買取価格

買取価格比較サイトの『ヒカカク』で、新型のロレックスエクスプローラ1・2の『最高買取価格』と『中古買取相場』を調べてみました。

参考にしていただければ幸いです。

※上記の価格は全て2017年11月22日現在のものです。

 

スポンサードリンク



Trend items

人気の『時計ブログ』はこちら!
 

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

にほんブログ村

このページの先頭へ