東京中野高級腕時計専門店『TWC』
「無金利」0円 ショッピングローン

腕時計の並行輸入品と正規品メリットとデメリットが丸わかり!おすすめの店舗情報も!

正規品と並行輸入品は輸入ルートが異なる

ロレックスやオメガをはじめとしたいわゆる輸入時計には、正規品と並行輸入品の2種類が存在します。

この正規品と並行輸入品の違いですが、一言でいえば「輸入ルートが違う」ということ。

正規品の輸入ルートを簡単に図で表すとこんな感じ。

【本国のメーカー】⇒【メーカーの日本法人・国内正規代理店】⇒【正規店・百貨店・直営店】⇒【ユーザー】

一方、並行輸入品の輸入ルートはこんな感じ。

【本国のメーカー】⇒【海外の時計店】⇒【海外バイヤー・卸会社等】⇒【並行店・量販店】⇒【ユーザー】

正規品は本国のメーカーからユーザーに届くまでのルートが明確であり、途中、偽物やB品が紛れ込むリスクも皆無なためとても安心だといえます。

並行輸入品は本国のメーカーから国内に入ってくるまでのルートが複雑で不明瞭。

途中、複数の中間業者を介しているケースもあるという。

それでも安く入手できる国や地域から仕入れることによって、ユーザーにとっては一部の商品を除いては国内定価よりも安く購入できるというメリットもあります。

また、並行店はその店独自のサービスやアフターフォローを行っていることが多いため、どの店で購入するかもじっくりと検討したいところです。

スポンサードリンク

並行輸入品のメリットとは

並行輸入品を購入するメリットといえば、まずは何と言っても価格が安いことです。

一部のブランドやモデルを除いては、ほぼ全てといっていいほど国内定価よりも安く購入することができます。

また、並行店によってはオーバーホール料金の無料化や割引、下取りキャンペーンなど独自のサービスを行っている場合もあるので、色々な店舗を当たってみるのが良いでしょう。

尚、正規品も並行輸入品も先述の通り輸入ルートが異なるだけで、モノ自体は全く同じ。

当然どちらも本物です。

さらに、並行輸入品で偽物をつかまされるリスクを限りなくゼロにしたいなら、後ほどご紹介する有名店での購入をおすすめします。

 

並行輸入品のデメリットとは

ブランドによっては、正規でのアフターサービスを受ける際に正規品と並行輸入品とで差別をしている場合があります。

具体的には、オーバーホール料金が正規品の場合は割安、並行輸入品の場合は割高になったりするようです。

中には、並行輸入品のアフターサービスを正規で受け付けないブランドもごく僅かですがありますので少し注意が必要です。

なので、予めご自身が購入するブランドの正規アフターサービスの体制がどのようになっているのか確認しておくのが良いでしょう。

ただ万一、並行差別のあるブランドだと知らずに並行輸入品を購入してしまったとしても、決して悲観することはありません。

その場合は、並行店が契約を結んでいる修理店等で、正規ではないもののメンテナンスを受けることが可能です。

Trend items

 

信頼できる並行輸入店3選

ここで挙げた3店は、どれも商品が本物であることは勿論のこと、サービス、価格、品揃え共に定評のある店舗です。

ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか?

「高級時計取り扱いショップ。新品からアンティークまで豊富な品揃え。」

「ブランド時計探しはここ!ロレックス・カルティエ・ブルガリetcを格安提供!」

「新品ブランド時計&中古時計専門店 GMT」

おすすめの記事




スポンサードリンク スポンサードリンク

Trend items
人気の『時計ブログ』はこちら!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

にほんブログ村

このページの先頭へ