ロレックスの修理代 値段は正規と民間の修理業者でどの位違うのか?

ロレックス修理

ロレックス(特にスポロレ)は、資産としての価値があります。
なので、貯金代わりにロレックスを購入して持っておくという考え方は、個人的にはアリだと思います。

但し、修理代(オーバーホール含む)という“維持費”が係るのも事実です。
しかも、その維持費はロレックスだけに“かなりの高額”と言わざるを得ません。

また、修理を正規(メーカー)に依頼するか、民間の修理業者に依頼するか?
この違いによっても、料金に結構な差が生じてきます。

ということで、今回はロレックスの修理代について。
正規と民間の修理業者の料金の差についても書いていきます。

 

ロレックス正規の修理代

ロレックスの正規メンテナンスには、予め『標準修理料金』というものが設定されています。
これは、オーバーホール(分解掃除)と新品仕上げ(研磨仕上げ)がセットになった基本料金のことです。

ロレックスの標準修理料金

■手巻き:¥43,000
■自動巻き(カレンダーなし):¥43,000
■自動巻き(カレンダーあり):¥44,000
■GMT・ダイバーモデル:¥45,000
■デイデイト:¥55,000
■コスモグラフ デイトナ:¥60,000
※金額は税抜き

尚、これに文字盤やリューズなどの部品交換が加われば、別途その料金も請求されます。

スポンサードリンク

エクスプローラーやサブマリーナ、デイトナの正規の修理代

例として、ロレックスの人気モデルの標準修理料金を見てみましょう。

 

ロレックス修理

【エクスプローラー 214270】
¥43,000

最もシンプルな「自動巻きでカレンダー無し」のエクスプローラーでこの金額です。

 

ロレックス修理

【サブマリーナデイト 116610LN】
¥45,000

サブマリーナデイトのようなダイバーモデルになると、やや金額が上がります。

 

ロレックス修理

【コスモグラフ デイトナ 116500LN】
¥60,000

デイトナはロレックスの中では複雑な機構とされるクロノグラフのため、その分金額はグッと上がります。
これに部品交換が加われば、10万を超えるケースもザラにあります。

Trend items

 

ロレックス修理が安いおすすめは?

もし、正規での修理に拘りがなく、料金をなるべく安くしたいなら民間の修理業者に依頼しましょう。
但し、修理業者もピンからキリまで存在するので、絶対に“優良店”と呼ばれる店舗を選ばなければいけません。

尚、優良店かそうでないかを見極めるポイントとしては、下記が参考になるでしょう。

■数多くの修理実績があるか
■腕利きの技術者が存在するか
■メーカー純正のパーツを使用しているか
■修理後の保証がしっかりしているか

ちなみに、『シエン【CIEN】】という腕時計修理・オーバーホール専門店は、上記ポイントを満たしているためおすすめです。
さらに料金は正規よりも格安で、納期も約3週間と迅速です。

シエンの料金に関しては、下のリンクから確認できます。
また、必要事項を入力するだけで、無料で見積依頼が可能です。
見積り後のキャンセル料なども一切かからないので、まずは気軽に問い合わせてみると良いでしょう。




シエン【CIEN】の無料見積依頼はこちら

関連記事

スポンサードリンク スポンサードリンク
メンズ腕時計の人気店・有名店
ロレックス・オメガ・パネライなど高級機械式時計が充実


国産時計・ブランド時計のミドルからロープライスまで品数が豊富

Trend items
人気の『時計ブログ』はこちら!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

にほんブログ村

このページの先頭へ