腕時計ベルト交換の値段や相場はいくら位か?

腕時計のベルトを交換したい場合、自分で工具などを購入して作業をすることは可能です。

ただ、そういった作業が好きな方なら良いですが、「自分でやるのは面倒だな」

そう感じる方のほうが、実際は多いのではないでしょうか?

また、自分でやるとなると、うっかり腕時計に傷を付けてしまわないかと心配になったりもしますよね?

 

そんな時は、身近にある時計屋さんに気軽に問い合わせしてみましょう。

ただその前に、ベルト交換の値段や相場については予め知っておいても損はないはず。

いったいどの位のお金が必要になるのでしょうか?

Sponsored Link

腕時計市販のベルトに交換は可能なのか?

腕時計の中には、極稀にケースとベルト(メタルバンド)が一体となった物があります。

このような腕時計のベルトは交換はおろか取り外しさえ出来ないので注意が必要です。

また、専用ベルトしか対応しない腕時計もあるため、そのような物は残念ながら市販のベルトには交換ができません。

 

ただ、多くの腕時計に関しては、市販のベルトに交換できる場合が殆ど。

その際、ベルトの幅が同じであればまず間違いなく交換ができるはずです。

ベルトの幅は18mm・20mm・22mmあたりが主流であり、これら幅のベルトであれば豊富なバリエーションの中から選ぶことができるでしょう。

尚、極端に細かったり、太かったり、それら以外の幅であっても、決して諦める必要はありません。

積極的に時計屋さんに相談してみましょう。

 

腕時計市販のベルトの値段はいくら?

腕時計の市販のベルトの値段はピンキリです。

安いものは100円ショップでも買えますし、高価なのは5万円位する物もあるようです。

予算の中で気に入った物なら何でもOKです。

 

購入する場所もどこでもOK。

別に時計屋さんでベルト交換をしてもらうからといって、ベルトも時計屋さんで購入しなければいけないということはありません。

ネットであろうと、100円ショップであろうと、他所で買った物を持ち込んでも決して文句は言われません。

 

腕時計ベルト交換の作業料金はいくら?

時計屋さんに、他所で購入したベルトを持ち込んで交換をしてもらう場合、その作業料金は安くて1,000円。

高くても3,000円程度で済むはずです。

一方、その時計屋さんで購入したベルトに交換してもらう場合には、作業料金はタダでやってもらえることが多いようです。

 

作業にかかる時間ですが、早ければ10~15分程度です。

 

料金にしても、時間にしても、本当に手軽にお願いできるレベルですよね?

自分でやろうかどうしようか、色々迷っているくらいなら、まずは気軽に時計屋さんに相談してみることをおすすめします。

 

スポンサードリンク

人気の『時計ブログ』はこちらから!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

にほんブログ村

管理人おすすすめ!腕時計人気通販サイト

 Jack Road ジャックロード

ジャックロード 【腕時計専門店】
実店舗は東京中野のブロードウェイ内にあり、時計好きなら誰もが知る有名店です。 取扱品の多くは並行輸入品と中古品ですが、その品揃えはまさに「圧巻」の一言。 安さや店員さんの対応の良さにも定評のあるお店です。

 腕時計のGMT

GMT
ロレックスやパネライ、パテックフィリップなど高級時計を中心とした品揃え。 特にロレックスの取扱いが充実しており、デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナ・ミルガウスなど、人気モデルは品数豊富。 こちらのお店も並行輸入品が中心ですが、上場企業ということもあり安心して買い物ができるでしょう。

 腕時計のななぷれ

腕時計のななぷれ
国産メーカーから海外製まで。 また、子ども用から時計マニアが納得する一品まで、低価格品から高級品までありとあらゆる時計を扱う時計専門店。 過去に何度も『楽天ショップオブザイヤー』を獲得してきた信頼できるショップです。

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。