東京中野高級腕時計専門店『TWC』
「無金利」0円 ショッピングローン

デイトジャスト 36 旧型【16200】の買取価格と中古相場

デイトジャスト 36 旧型【16200】

デイトジャストといえば、ロレックスを代表するドレスウォッチの定番シリーズ。
根強い人気がある一方で、人気が加熱するロレックスの中にあってはエクスプローラーやサブマリーナをはじめとするスポロレとは違い、正規店でも比較的手に入りやすいシリーズという印象があります。

ところが、現在その旧モデルである【16200】でさえ、中古市場での相場となるとスポロレに負けず劣らず価格が高騰しているというから驚きです。

このデイトジャスト【16200】を今から20年近く前に購入した人は、一体いくらで手に入れていたのでしょうか?
おそらく20万円台で買った人も決して少なくないはずです。

それが現在ではどのくらいまで価値が上がっているのでしょうか?

そんな気になるデイトジャスト【16200】の現在の買取価格と中古相場を調べてみました。

同モデルの購入または売却を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

⇒最大8社による一括査定【時計査定の窓口】はこちら

 

デイトジャスト 36 旧型【16200】の中古相場

Ref.16200
■製造期間:1988~2006年(約18年間)
■素材:904Lステンレススチール(ケース&ブレスレット)
■ケースサイズ:36mm
■ケース厚:12mm
■防水性能:100m

旧型(Ref.16200)は後継機(Ref.116200)の登場により2006年に廃盤になっています。
ちなみに、後継機は現在でも現行品として安定した人気を誇っています。

どちらもケースサイズは36mmであり特筆すべき違いもないことから、個人的には現在旧型が高値で取引されている理由が良くわかりません。
多少は旧型の方が安いにしても、どうせだったら現行の新品ないし中古品を買った方が長い目で見て何かと安心だと思うからです。

それはさておき旧型の現在の中古価格ですが、おおよそ40~50万円が相場のようです。(2018年10月現在)

スポンサードリンク

デイトジャスト 36 旧型【16200】の買取価格

デイトジャスト 36 旧型【16200】

中古相場が驚きの高値だけに買取価格も当然期待できるでしょう。

その気になる買取価格ですが、現在おおよそ28~42万円が相場のようです。(2018年10月現在)

下手したら20年近くも前に買った個体でさえ、売却したらほぼトントン。
コンディショ次第ではプラスということも有り得ます。

ちなみに、現行(Ref.116200)の国内定価は630,000円+税です。
正規店で手に入りやすいモデルですし、旧型を下取りにして買い換えるという選択も決して悪くはないでしょう。

それにしても、このデイトジャスト旧型の“リセールバリューの良さ”には少々驚かされました。
当然この高値がいつまで続くかはわかりません(逆にまだまだ上がる可能性もある)が、「デイトジャスト=リセールバリューが悪い」というのは単なる思い込みだったようです。


⇒最大8社による一括査定【時計査定の窓口】はこちら

【 チュードルの一括査定を依頼した結果驚きの事実が判明・・・ 】
おすすめの記事

スポンサードリンク スポンサードリンク

Trend items
人気の『時計ブログ』はこちら!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

にほんブログ村

このページの先頭へ