パネライのオーバーホール料金は高い?正規と並行で価格が違う?おすすめの修理専門店は?

パネライ オーバーホール 料金

パネライのオーナーや今後購入を考えている方にとっては、そのオーバーホール料金は非常に気になるところだと思います。

ただ、パネライの正規代理店ではオーバーホール料金に関し、ホームページ等で公表はしていないようです。
そのため、「すごく高いのでは?」と心配する声も決して少なくありません。

実際、パネライのオーバーホール料金はいくら位するのでしょうか?
また、国内正規品と並行輸入品とで扱いが異なる、所謂“並行差別”のようなものはあるのでしょうか?

そんなパネライのオーバーホールの色々について。
気になる部分を調べてみました。

スポンサードリンク

パネライ(リシュモングループ)は並行差別が無い

パネライ オーバーホール 料金

ご存知の方も多いと思いますが、パネライは【カルティエ】や【IWC】などと同じ『リシュモングループ』の一ブランドです。

リシュモングループ傘下のブランドに関しては並行差別が無いことから、当然パネライにも並行差別はありません。
よって、国内正規品も並行輸入品も正規メンテンナンス(リシュモングループ)にて同等に扱われ、オーバーホール料金も同じです。

ちなみに余談ですが、時計業界には“三大勢力”と呼ばれる巨大グループが3つあります。

そのうちの1つがリシュモングループであり、あとの2つは『スウォッチグループ』と『LVMHグループ』という位置付けです。

スウォッチグループを代表するブランドには【ブレゲ】や【オメガ】があり、LVMHグループを代表するブランドには【ウブロ】や【ゼニス】などがあります。

スウォッチグループも、リシュモングループと同様に並行差別がありません。
LVMHグループは、ブランドによっては並行差別があるようです。

 

パネライの正規オーバーホール料金(リシュモンの場合)

パネライ オーバーホール 料金

ネットで調べてみたところ、パネライのオーバーホールを正規メンテナンスサービス(リシュモン)に依頼すると、その料金は6万円弱~が相場のようです。

尚、この6万円弱というのは、ムーブメントがセリタユニタスのモデルで、新品仕上げが無しの場合。
自社ムーブ搭載モデルは、もっと高額になるようです。

さらにムーブメントがクロノグラフやアラーム、8日巻きなど、より複雑な機構になれば、オーバーホール料金もより高額になることは言うまでもないでしょう。

Trend items

 

パネライのオーバーホールを修理専門店に依頼するなら

リシュモンよりも安くオーバーホールを済ませたければ、その選択肢は必然的に修理専門店ということになります。

ただ、当然ですが単に料金が安いだけでは、安心してパネライのオーバーホールを任せることは出来ないでしょう。
そこで、修理専門店を選ぶ際には、少なくとも下記5点は必ずチェックしておきたいところです。

■メーカー純正のパーツを使用しているか。
■技術者の腕が確かで信頼がおけるか。
■豊富な修理実績があるか。
■保証がしっかりしているか。
■店が丁寧且つ親身になって対応してくれるか。

中でも『メーカー純正のパーツを使用しているか』は特に重要。
なぜなら、後にメーカーでのメンテナンスを希望した場合に、純正とは異なるパーツによって修理された腕時計は「修理不可」となる可能性が高いからです。

一方、純正のパーツで修理された腕時計には、メーカーからクレームが付くことは当然ですがありません。

よって、HP等で書かれていたとしても「純正のパーツを使用していますよね?」と、事前に一言問い合わせを入れておいた方が無難です。

修理専門店は、問合せや見積依頼に対し無料で対応してくれる場合が殆どです。
なので、良さげな修理専門店を見つけたら、まずは気軽に問合せてみることをおすすめします。

もし、修理専門店を探すのが億劫だったり時間がないという場合には、度々このブログでも紹介している『シエン』と『ウォッチカンパニー』をチェックすると良いでしょう。

他にも、こちらの記事でおすすめの修理専門店を紹介しています。
■時計修理店おすすめランキング

ぜひ、参考にしてみてください。

関連記事

スポンサードリンク スポンサードリンク
メンズ腕時計の人気店・有名店
ロレックス・オメガ・パネライなど高級機械式時計が充実


国産時計・ブランド時計のミドルからロープライスまで品数が豊富

Trend items
人気の『時計ブログ』はこちら!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

にほんブログ村

このページの先頭へ