東京中野高級腕時計専門店『TWC』
ROLEXやTUDORの希少モデルも続々と入荷中!

GINZA RASIN の「無金利」0円 ショッピングローン

ブライトリングのオーバーホール料金が安いおすすめは?正規品も並行輸入品も時計修理店を検討すべき理由とは?

ブライトリング オーバーホール料金

ブライトリングのオーバーホールをブライトリングジャパン(正規代理店)に依頼するのも1つですが、その際一番気になるのはやはり料金ではないでしょうか。

ブライトリングジャパンは、国内正規品と並行輸入品とでオーバーホール料金に差をつけるなど、いわゆる「並行差別」があることで知られています。

ちなみに、タグホイヤーやオリスなども同様に並行差別があることで有名。

で、ブライトリングジャパンのオーバーホール料金が国内正規品と並行輸入品とでどのくらい違うのかというと、前者は後者の「半額」というのが基本です。

これは言ってみれば、国内正規品は販売時に値引きが無い(基本定価販売)代わりに、オーバーホールをはじめとするアフターサービスは「手厚く」「安く」やりますよというブライトリングジャパンの姿勢の表れともいえるでしょう。

ただ、それは並行輸入品を持つ側からすれば、分かっていてもやっぱり痛い。

では、実際にいくら違うのか具体的な金額を見ていきましょう。

 

ブライトリングジャパンのオーバーホール料金

国内正規品/並行輸入品
■クオーツ:37,500円/75,000円
■クォーツクロノグラフ:42,500円/85,000円
■手巻き:要確認/要確認
■自動巻き:40,000円/80,000円
■自動巻きクロノグラフ:50,000円/100,000円
※金額は税抜き

上記は『外装仕上げ』を含むオーバーホールの基本料金です。

これにリューズやプッシュボタンをはじめとする“別途部品交換”が生じた場合は、その料金がプラスされます。

並行輸入品の場合、クロノグラフの基本料金だけで10万円もかかりますね。

果たして、これでブライトリングジャパンに依頼する人がいるかどうか・・・。

私だったら絶対に他を当たりますよ。

ということで、私と同様の考えの方には、時計修理店でのオーバーホールを強くおすすめします。

※ブライトリングジャパンでは、外装仕上げは標準サービスです。
但し、外装仕上げを希望しない場合、または外装仕上げ不可モデルについては上記金額から国内正規品は10,000円、並行輸入品は20,000円がマイナスされます。

 

WATCH COMPANYのブライトリングのオーバーホール料金

ブライトリング オーバーホール料金

『WATCH COMPANY』という時計修理店があります。

WATCH COMPANYのブライトリングのオーバーホール料金は以下の通りです。

■クオーツ:30,000円
■クォーツクロノグラフ:35,000円
■手巻き:要確認
■自動巻き:30,000円
■自動巻きクロノグラフ:40,000円
※金額は税抜き

上記は『外装仕上げ』を含むオーバーホールの基本料金です。

ブライトリングジャパンとは歴然たる価格差がありますね。

特に並行輸入品のクロノグラフなら、なんと60,000円も安く済みます。

ちなみに、WATCH COMPANYでは『外装仕上げ』はオプションです。

なので、外装仕上げ無しを選ぶと、上記金額よりも10,000円ずつ安くなります。

 

シエン【CIEN】のブライトリングのオーバーホール料金

ブライトリング オーバーホール料金

もう1つ、『シエン【CIEN】』という時計修理店をご紹介します。

シエンのブライトリングのオーバーホール料金は以下の通り。

■クオーツ:23,000円
■クォーツクロノグラフ:35,000円
■手巻き:30,000円
■自動巻き:30,000円
■自動巻きクロノグラフ:41,000円
※金額は税抜き

上記は『外装仕上げ』を含むオーバーホールの基本料金です。

こちらもWATCH COMPANY同様、ブライトリングジャパンとは歴然たる価格差があります。

また、『外装仕上げ』はオプションです。

外装仕上げ無しにすると、シエンの場合は上記金額よりも7,000円ずつ安くなります。

 

まとめ

ブライトリングジャパンと時計修理店では、並行輸入品のオーバーホール料金が驚くほど違いますね。

国内正規品でさえ、時計修理店の方が安いです。

時計修理店は、料金以外にも実は納期が早いというメリットも。

ブライトリングジャパンはおおよそ1~2ヶ月かかるのに対し、時計修理店は2~3週間と迅速です。

以上のことから、並行輸入品なら断然時計修理店でのオーバーホールがおすすめ。

国内正規品でも、もし「どうしてもブライトリングジャパンで!」というこだわりが無いのであれば、検討してみても良さそうですね。

尚、シエンとウォッチカンパニーについては、こちらの記事にも書いています。

関連記事

スポンサードリンク スポンサードリンク

Trend items
人気の『時計ブログ』はこちら!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

にほんブログ村

このページの先頭へ