ロレックスの正規オーバーホール料金と修理納期についてまとめてみました。

ロレックス 正規 オーバーホール 料金

今回は、ロレックスのオーバーホールを正規の『日本ロレックス』に依頼する場合について。
気になる料金と納期についてまとめてみました。

日本ロレックスは正規品・並行輸入品問わず、時計自体が本物であれば差別なく対応してくれます。
但し、偽物は論外として一部でも純正以外の部品が使われた時計に関しては修理を断られるのでそこだけは注意が必要。

そのような問題さえ無ければ、日本ロレックスは必ずやロレックスオーナーの心強い味方になってくれるはずです。

スポンサードリンク

ロレックスの正規オーバーホール料金は?

日本ロレックスには、下記の“10工程”からなるオーバーホールサービスが用意されています。

① 分解
② ムーブメントの洗浄
③ 部品の交換
④ ムーブメントの注油と組み立て
⑤ タイミング調整
⑥ ケースとブレスレットの研磨仕上げ
⑦ ケースの再組み立て
⑧ 防水検査
⑨ 最終品質検査
⑩ 2年間の国際サービス保証

これらオーバーホールの料金に関しては、下記の通り設定されています。

■手巻き:43,000円
■自動巻き/カレンダー無:43,000円(エクスプローラー・パーペチュアル・エアキング・ミルガウス)
■自動巻き/カレンダー有:44,000円(デイトジャスト)
■GMT・ダイバーモデル:45,000円(エクスプローラーⅡ・GMTマスターⅡ・サブマリーナ・シードゥエラー・etc.)
■デイデイト:55,000円
■コスモグラフデイトナ:60,000円
※金額は全て税抜き

尚、上記はオーバーホールの基本料金。
リューズやプッシュボタンをはじめとする“別途部品交換”が生じた場合はプラス部品代が請求されます。

やはり時計自体が高額なせいか、正規のオーバーホール料金も正直高い印象です。

さらに正規では予防的な観点からか、積極的に部品交換が行われる傾向があります。
そのため、実際にはオーバーホール基本料金よりも数千円~数万円プラスになることが多いようです。

 

ロレックスの正規オーバーホールの納期について

ロレックス 正規 オーバーホール 料金

正規のオーバーホールの納期については、依頼後おおよそ1~2ヶ月とされています。

但し必ずしもその範囲とは限らないため、気になる場合は依頼時に確認しておくと良いでしょう。

 

ということで、以上がロレックスの正規オーバーホールの料金と納期についてでした。

正規オーバーホールの仕事ぶりは、各方面から非常に高い評価を受けています。
また、正規でオーバーホールすることが自体が一種のステータスといっても決して過言ではありません。

ただ、料金はそれなりに高く納期も1~2ヶ月と遅いため、一般の時計修理専門店に任せる人が数多くいるのも事実です。

正規へのこだわりが無く料金と納期を重視するなら、専門店を検討してみると良いでしょう。

おすすめの記事



スポンサードリンク スポンサードリンク
メンズ腕時計の人気店・有名店
ロレックス・オメガ・パネライなど高級機械式時計が充実


国産時計・ブランド時計のミドルからロープライスまで品数が豊富

Trend items
人気の『時計ブログ』はこちら!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

にほんブログ村

このページの先頭へ