ロレックスの傷は気にしない?研磨・修理の料金やメリットとデメリット

ロレックス 傷

大切なロレックスに思いもよらぬ傷がついた・・・(涙)

そんな時、ショックで落ち込んでしまう人も決して少なくないようです。

ついた傷は磨くべきか?
それとも気にせず使うべきか?

なかなか悩むところかもしれませんが、今回はそんなロレックスと傷の関係について。
どう向き合うべきかを考えてみたいと思います。

 

ロレックスの傷も味?ついたら気にしない方がいい

ロレックス 傷

ロレックスに限らず腕時計に傷はつきもの。
使っていれば多少なりとも必ず傷はつくものです。

ましてや本来ロレックスは、究極の実用時計。
世間的には“ロレックス=高級品”かもしれませんが、本来は“使ってなんぼ”の時計なのです。

なので日常的に使用して、むしろ傷がついた方がロレックスらしいともいえるでしょう。

そんな風に割り切って、気にせずに使い続けれるならそれに越したことはありません。

Trend items

 

ロレックスの研磨は5回まで

ロレックス 傷

もし、傷が気になって仕方ない、居ても立ってもいられないなら、研磨するしかありません。

尚、当然ながら売却してしまうという選択肢もあります。
人気モデルなら傷有りでも定価以上で売れますが、それに関してはここでは触れないことにします^^

で、研磨する前に一つ理解しておくべきなのが、研磨をすれば時計が痩せるということです。
要は結局、研磨とは時計をすり減らすこと。
少し大げさに言えば、削ってしまうということです。

研磨の回数が1回なら特に問題はないはずですが、回数を重ねるごとに時計は確実に変形していきます。
それどころか、研磨のやり過ぎは防水性の低下につながります。

いくら肉厚なロレックスのオイスターケースでも、研磨できるのは5回までといわれています。
日本ロレックスでも、あまりに研磨しすぎたケースはメンテナンスを断ることがあるようです。

スポンサードリンク

ロレックスの傷修理の料金は?

ロレックスの研磨を正規メンテナンスや、一般の時計修理専門店に依頼すると、料金はどのくらいかかるでしょうか?

一般の時計修理専門店では、部分仕上げで5千円から、全体仕上げで2万円からがおおよその相場です。
正規であれば、当然それ以上はするはずです。

ただ、どちらも“割高”なのであまりおすすめできません。

というのは、どちらもオーバーホールの際に研磨も同時に行った方が、遥かにお得になるからです。

尚、正規に関してはオーバーホールの基本内容の中に研磨(新品仕上げ)も予め含まれています。
なのでオーバーホールの際に「研磨無しで」と先に伝えない限りは、漏れなく新品同様にピカピカにして返してくれます^^

では、正規で研磨込みのオーバーホール基本料金がいくらになるのかというと、下をご覧ください。

■手巻き:43,000円
■自動巻き(カレンダーなし):43,000円
■自動巻き(カレンダーあり):44,000円
■GMT・ダイバーモデル:45,000円
■デイデイト:55,000円
■コスモグラフデイトナ:60,000円

なかなかの金額ですが、どうせだったらオーバーホールの際に全て一括で依頼した方がお得です。

 

ちなみに、一般の時計修理専門店に『シエン【CIEN】』というお店があるのですが、ここは研磨を含めたオーバーホールの料金が3万円~と格安です。

コスパだけでなく、納期が最短3週間という迅速な対応も特徴です。

無料で見積依頼ができるので、詳しく知りたければ気軽に問い合わせてみると良いでしょう。

関連記事



スポンサードリンク スポンサードリンク
ブランド腕時計専門店『ザウォッチカンパニー』
人気ブランドの新作や希少モデルが続々と入荷中

メンズ腕時計の人気店・有名店
ロレックス・オメガ・パネライなど高級機械式時計が充実

Trend items
人気の『時計ブログ』はこちら!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

にほんブログ村

このページの先頭へ