東京中野高級腕時計専門店『TWC』
「無金利」0円 ショッピングローン

チューダー ブラックベイ36 ブルーをレビュー!定価や相場も調査!

チューダー ブラックベイ 36 ブルー レビュー 定価 相場

2018年に発売されたチューダーのブラックベイ36ブルー【Ref.79500】は、パッと目を引く鮮やかなブルーの文字盤がとても印象的なモデルです。

サイズ違いで41mm【Ref.79540】と32mm【Ref.79580】もありますが、個人的には主張し過ぎず、適度に存在感のあるこの36mmがお気に入りです。

既存の黒文字盤と比較すると、人気ではやや劣っているような感じもしますが、果たして実物はどれ程の魅力があるのか、いざ手に取って検証しました。

合わせて、スペックや定価、並行輸入品と中古品の相場についてもまとめてみました。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

ブラックベイ36ブルー【Ref.79500】の定価とスペック

チューダー ブラックベイ 36 ブルー レビュー 定価 相場
出典:https://www.thewatchcompany.co.jp/

まずは、ブラックベイ36ブルー【Ref.79500】の定価とスペックについて、見てみましょう。

■Ref.79500
■素材:ステンレススティール(ケース&ブレス)/サファイアクリスタル(風防)
■ケースサイズ:36mm
■ケース厚:10mm
■重量:約123g
■防水性能:150m
■ムーブメント:自動巻き
■キャリバー:Cal.2824
■パワーリザーブ:約38時間
■国内正規定価:313,500円(税込)

スペック的には、なんの変哲もないと言ったら語弊があるかもしれませんが、逆にそこがこの時計のある意味「最大の魅力」ではないかと個人的には思います。

ムーブメントには信頼性の高いETA2824を採用しており、将来的にはどこでもメンテナンスができそうなところが、安心感に繋がります。

デイト表示すら無いシンプルな機能、普段使いには十分過ぎる防水性能、大型で操作しやすいリューズなどなど・・・。

どれを取っても、いかにも壊れにくそうで、メンテナンスコストが安上がりで済みそうなところも良いですね。

きっと、日常的に長く安心して使える時計なのではないでしょうか。

Trend items

 

ブラックベイ36ブルー【Ref.79500】のレビュー

チューダー ブラックベイ 36 ブルー レビュー 定価 相場

36mmのケースサイズは、期待通り腕への納まりが非常に良いです。

ケースの薄さも相まって、極めて快適な付け心地を実現しています。

40mm以上のケースサイズに慣れた人は、やや物足りなさを感じるかもしれませんが、そこは完全に好みの問題。

ロレックスのエクスプローラーⅠ【Ref.114270】などが好きな人であれば、まず間違い無く気に入るであろう、やや控えめで絶妙なサイズ感です。

チューダー ブラックベイ 36 ブルー レビュー 定価 相場

大きめなインデックスと太い針のおかげで、視認性も極めて良好。

文字盤のブルーは、よくある光の加減で表情を変えるタイプとは異なり、どちらかと言えば落ち着いたトーンで「ベタ塗り」に近い質感をしています。

決して突飛な色味ではないので、ビジネスやフォーマルで身に着けていても、特に問題は無さそうです。

チューダー ブラックベイ 36 ブルー レビュー 定価 相場

ブレスは、ロレックスのオイスターブレスを思わせるような、とてもしっかりとしたつくりで、まさに「屈強」といった感じ。

そもそも、このブラックベイ36ブルー【Ref.79500】は、チューダーの過去のダイバーズウォッチにインスパイアされて誕生したモデルです。

視認性の高い文字盤や、屈強なブレスレットには、そんなダイバーズウォッチの要素が取り入れられているのが良くわかります。

チューダー ブラックベイ 36 ブルー レビュー 定価 相場

総じてこのブラックベイ36ブルー【Ref.79500】は、シーンを選ばず、普段使い適した、とてもタフなモデルです。

コレクションの中に1本あると、とても重宝するはずです。

 

ブラックベイ36ブルー【Ref.79500】の中古価格と並行相場

ここでは、ブラックベイ36ブルー【Ref.79500】の直近(2019年11月時点)の中古品と並行輸入品(新品)の相場を調査。

その結果をまとめています。

まず、中古品は楽天で見ると最安値が222,300円、最高値が245,000円、平均価格は230,914円となっていました。

次に並行輸入品(新品)の相場についてですが、下の図をご覧ください。

チューダー ブラックベイ 36 ブルー レビュー 定価 相場
出典:https://kakaku.com/

これは市場に流通し始めた2018年8月頃から現在に至るまでの、並行価格の推移です。

水色の線が並行価格の平均値なのですか、発売直後は約27万円が相場でした。

しかし、間もなく相場は下落。

その後はずっと25万円前後で推移しています。

決して入手困難なモデルではないので、おそらく今後も並行輸入品の方が国内正規品よりも安く手に入る状況は続くはずです。

チューダーの正規メンテナンスを手掛ける「日本ロレックス」では、いわゆる「並行差別」が無いので、アフターのことを加味しても、並行輸入品を選ぶメリットはとても大きいといえるでしょう。

参考:楽天価格.com
 

最後に

当記事を書くにあたって『The watch Company(TWC)』様という時計店から、ブラックベイ36ブルー【Ref.79500】の現物をお借りしました。

TWCは東京中野の中野サンモール商店街に実店舗を持ち、オンラインショップも展開する腕時計専門店です。

チューダーは他にも、ブラックベイGMTやブラックベイクロノS&Gをはじめとする人気モデルの品揃えが非常に充実しているお店です。

さらに、カジュアルなGショックから雲上時計のパテック・フィリップまで、実に多種多様な腕時計を幅広い価格帯で品揃えされています。

話題の新商品がどこよりも早く入荷することもあるようなので、ぜひこの機会に、またはお近くにお出かけの際はお店を覗いてみてはいかがでしょうか。

お店の詳細はこちら
ザウォッチカンパニー – ロレックス – TWC高級時計専門店

今回紹介した商品はこちら
ブラックベイ36ブルー【Ref.79500】

おすすめの記事



スポンサードリンク スポンサードリンク

Trend items
人気の『時計ブログ』はこちら!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

にほんブログ村

このページの先頭へ