東京中野高級腕時計専門店『TWC』
「無金利」0円 ショッピングローン

ロレックス シードゥエラー ディープシーの重さや厚さ、質感をレビュー!

ロレックス シードゥエラー ディープシー 重さ 厚さ 質感 レビュー

2019年10月1日の消費増税を機に価格改定(値上げ)が実施されたロレックス。

それもつかの間、なんと2020年1月1日より、また値上げが実施されました。

前回は実質1%程度の値上げで済んだものの、今回はそれを大きく上回る上昇率のため、各方面からは驚きや戸惑いの声が多数上がっている模様。

聞くところによると、この傾向は日本に限らず他の国でも見られるようで、「ロレックスの高級化が止まらない・・・。」といった不安の声も、世界レベルで強まっているようです。

そんな我々庶民からすると、益々手が出せなくなってしまったロレックスですが、一体この先どのような方向に進んでいくのか?

ちなみに、このページで取り上げている『シードウェラー ディープシー【126660】Dブルー』も、例外なく値上げが実施されています。

そのあたりの気になる価格動向をはじめ、質感や着用感といったレビューなども書いてみました。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

ディープシー【126660】Dブルーの定価とスペック

ロレックス シードゥエラー ディープシー 重さ 厚さ 質感 レビュー
出典:https://www.thewatchcompany.co.jp/

まずは、ディープシー【126660】Dブルーの定価とスペックについて、見てみましょう。

■Ref.126660
■素材:ステンレススティール(ケース&ブレス)/セラミック(ベゼル)/サファイアクリスタル(風防)
■ケースサイズ:44mm
■ケース厚:17.5mm
■重量:約221g
■防水性能:3900m
■ムーブメント:自動巻き
■キャリバー:Cal.3235
■パワーリザーブ:約70時間
■国内正規定価: 1,365,100円(税込)

2020年1月1日からの値上げを経て、新定価は1,365,100円(税込)となっています。

ちなみに、定価の推移は以下の通り。

■1,296,000円⇒
■1,332,100円(2019年10月改定)⇒
■1,365,100円(2020年1月改定)

最新の定価(2020年1月改定)は元々の定価と比べると5.3%アップ、2019年10月改定の定価と比べても2.5%アップしています。

パーセンテージでは、あまりピンと来ないという人もいるかもしれません。

でも、当初よりも7万円近くも値上がりしていると聞けば、その大きさに愕然とするかもしれませんね。

スペックについて特筆すべきは、何と言ってもその防水性能の高さでしょう。

3900mという数値は、サブマリーナ(116610LN・116610LN・114060)の300mやシードゥエラー(126600)の1220mなど、他のロレックスのダイバーズウォッチとは比較にならないほど。

ケースの大きさや厚さ、重量なども数値を見ただけで圧倒されるようなスペックですが、それこそがプロ仕様の計器を手にすることの満足感に繋がるのではないでしょうか。

Trend items

 

ディープシー【126660】Dブルーの評判は?

ロレックス シードゥエラー ディープシー 重さ 厚さ 質感 レビュー

ネットでディープシー【126660】Dブルーの口コミを調べてみると、とにかく正規店ではまずお目にかかれないほど流通量が少ないようです。

それだけに、購入できた時の喜びはひとしおのようですね。

時計自体は、文字盤のブルーのグラデーションが美しいという評価が多数。

また、ブレスが大きくなって装着感が良くなったや、パワーリザーブが70時間になって実用性が増したなど、旧モデルからの改善点を評価する意見も多く見られました。

スーツに合う合わないの議論については、個人の感性によるところが大きく賛否両論あるようです。

また、手首が細いと似合わないという意見が多いようですが、細腕でも購入して満足している人は少なくないよう。

結局はその人次第で、購入した人は総じて満足しているといった印象を受けました。

 

ディープシー【126660】Dブルーの重さや厚さ、質感は?

ロレックス シードゥエラー ディープシー 重さ 厚さ 質感 レビュー

そんなディープシー【126660】Dブルーを私も手に取ってみたのですが、やはり最初はその存在感に圧倒されました。

特にケースの厚さが凄いです。

おそらく、普通のシャツの袖には納まりませんし、そこら中にガシガシとぶつけてしまうのも覚悟しなければならないでしょう。

なので、神経質な方でなくても、普段使いには躊躇してしまうかもしれません。

ロレックス シードゥエラー ディープシー 重さ 厚さ 質感 レビュー

当然の如く重いですが、重量については慣れてしまうかもしれませんし、しばらく使ってみなければ何とも言えません。

ただ、遠目から見るとそれほど大きさは感じませんね。

デザインは見ての通り惚れ惚れするようなカッコよさで、質感もかなり高いです。

使用シーンは多少選びそうですが、カジュアル用途であれば存在感があって、とても魅力的だと思いました。

 

ディープシー【126660】Dブルーの中古と並行輸入品の相場を調査!

ロレックスのプロフェッショナルモデルといえば、もはや中古品も並行輸入品もプレミア価格が当たり前ですが、ディープシー【126660】Dブルーはどうでしょうか。

直近(2020年1月時点)の相場を調べてみました。

まず、中古相場は楽天で見ると最安値が1,600,000円、最高値が1,944,000円でした。

平均すると、およそ175万円前後が現時点での相場のようです。

並行輸入品(新品)の相場に関しては、下の図をご覧ください。

ロレックス シードゥエラー ディープシー 重さ 厚さ 質感 レビュー
出典:https://kakaku.com/

これは直近1年間の新品並行価格の推移です。

2019年の4月から6月あたりは平均価格が190万円前後で推移しており、価格上昇のピークともいえる時期でした。

その後一旦は価格が下落するものの、増税前の9月頃から一転また上昇が始まり、現在は約173万円とプレミア価格を維持しています。

2020年1月に正規品が値上げされた影響で、さらに今後も上昇が続く可能性は高いと思われます。

であれば、今のうちがもしかしたら買い時なのかもしれませんね。

参考:楽天価格.com

 

最後に

当記事を書くにあたって『The watch Company(TWC)』様という時計店から、ディープシー【126660】Dブルーの現物をお借りしました。

TWCは東京中野の中野サンモール商店街に実店舗を持ち、オンラインショップも展開する腕時計専門店です。

ロレックスは他にも、サブマリーナやGMTマスター2をはじめとする人気モデルの品揃えが非常に充実しているお店です。

さらに、カジュアルなGショックから雲上時計のパテック・フィリップまで、実に多種多様な腕時計を幅広い価格帯で品揃えされています。

話題の新商品がどこよりも早く入荷することもあるようなので、ぜひこの機会に、またはお近くにお出かけの際はお店を覗いてみてはいかがでしょうか。

お店の詳細はこちら
ザウォッチカンパニー – ロレックス – TWC高級時計専門店

今回紹介した商品はこちら
ロレックス シードゥエラー ディープシー【126660】Dブルー

おすすめの記事



スポンサードリンク スポンサードリンク

Trend items
人気の『時計ブログ』はこちら!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

にほんブログ村

このページの先頭へ