東京中野高級腕時計専門店『TWC』
ROLEXやTUDORの希少モデルも続々と入荷中!

GINZA RASIN の「無金利」0円 ショッピングローン

腕時計の傷は気にしない?修理や研磨は自分ですべきか

腕時計をしていると、どうしても打ち傷や擦り傷など細かな傷が付くものです。

特に多くの腕時計に使われている『ステンレス』は非常に傷が付きやすく、気を付けていても知らないうちに傷が付いていたということは本当に良くある話です。

これはもう、腕時計に傷は付き物。

あるいは、傷は「味」と捉えて気にしないのが一番かもしれません。

ただ、そうは言っても「傷が気になって仕方がない」。

そう悩んでいる方は、実際にはとても多いのではないでしょうか?

 

傷は気にせず、そのままにした方が良いのだろうか?

時計屋にお願いして、修理してもらうのが良いのだろうか?

あるいは、自分で道具を買い揃えて、修理するのが良いのだろうか?

大切な時計に付いてしまった傷が気になって仕方がない場合、果たしてどんな対応を選択するのがベストなのか?

考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

腕時計の研磨は「擦り減らすこと」

腕時計を研磨すること、すなわち磨くことは、擦り減らすことを意味します。

それはイコール、腕時計が痩せることを意味します。

それを踏まえて、磨くかどうかは自身が決めることですね。

個人的には、腕時計が痩せると思うと磨こうという気にはなれません。

やはり、傷は気にせず「味」だと思いたいです。

研磨も1、2回程度であれば問題はないはずですが、研磨のし過ぎは時計の変形や防水性の低下にも繋がるといわれています。

「やり過ぎなければ良いのでは?」

確かにそれはそうなのですが、一度研磨でピカピカになった時計を見てしまったら、癖になってしまうかも・・・。

その可能性も決して否定できません。

あくまで個人的な価値観であって、それが良いとか悪いとかではありませんが。

Trend items

 

腕時計の傷を時計屋で修理してもらう場合

ステンレスの時計の場合、多くの時計屋で研磨のメンテナンスをしてくれるはずです。

但し、ステンレスの表面に特殊な加工がされた時計などは対応が不可能だったり、可能であっても高いメンテナンス料金が発生する場合があります。

研磨は時計屋やその委託先がすることもありますし、こちらがメーカーでの研磨を希望すればメーカーによってはそれが可能な場合もあります。

料金はケースとブレスレット、セットでやれば2万円前後が相場のようです。

部分的に依頼しても、最低でも5,000円くらいはするでしょう。

ちなみに、時計屋に研磨を依頼するタイミングとしては「オーバーホールと同時」が良いでしょう。

時計屋の中には、オーバーホールと研磨をセットにすることで「割引価格」にて対応してくれるところも少なからずあるようです。

1つおすすめを挙げるとすれば『CIEN(シエン)』という時計の修理オーバーホール専門店は、料金の安さや納期の早さなど、あらゆる面で評判が良いため、1度見積依頼や問い合わせをしてみると良いでしょう。

結局、時計に傷は付き物ですし、長く使うのであればオーバーホールもいずれ必要になってきます。

どうせだったら、オーバーホールも研磨も、同じタイミングで安く済ませた方が、研磨単体で行うよりも確実に合理的だと思います。

 

腕時計の傷を自分で修理する場合

自分で研磨する方法については、以前こちらの記事で紹介しています。

よろしければ、参考にしてみてください。

関連記事

 

安価な時計や、最悪失敗しても構わない。

そんな時計なら、自分で研磨するのもアリでしょう。

ただ、研磨の仕上げには様々な種類がありますし、「仕上げの質」に拘るのであれば、やはりプロに任せるべきです。

なぜなら、時計の研磨は、私たちが想像している以上に奥が深く、専門的な技術を要するものだからです。

ということで、結局、研磨するもしないもその人次第で、正解も不正解もないのですが・・・。

ただ、気を付けなければならないのは、くれぐれもやり過ぎないこと。

そして、自分でやる場合には、全て自己責任ということですね。

ちなみに私の場合ですが、やっぱり傷は気にしません。

味だと思って、ずっと付き合っていきたいです。

おすすめの記事
【 チュードルの一括査定を依頼した結果驚きの事実が判明・・・ 】

スポンサードリンク スポンサードリンク

Trend items
人気の『時計ブログ』はこちら!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

にほんブログ村

このページの先頭へ