オイスターパーペチュアル39【114300】ブラックの人気や評判 価格も手頃で超おすすめ!?

先の『バーゼルワールド2018』において、ロレックスは既存のオイスターパーペチュアル39【114300】に新色としてブラックとホワイトの2色を追加しました。

関連記事

 

ちなみに、このブラックとホワイトが、最近になって日本でもボチボチ店頭に並び始めた模様。
それと同時に、『価格.com』の『売れ筋ランキング』を見てみると、ブラックに関しては人気が急上昇しているようです。

今回は、そんな注目のオイパペ39黒・白の詳細について調べてみました。

スポンサードリンク

オイパペ39【114300】黒・白の定価と並行相場について

まず、定価についてですが、ブラック・ホワイト共に日本国内正規価格は、583,200円(税込)となっています。
これは、先に発売された他の3色(ダークロジウム、ブルー、レッドグレープ)と同じ価格設定です。

ロレックスにしては価格が手頃。
しかも、人気のモデルということであれば、並行相場のプレミア化が予想されるところです。

ところが、2018年6月現在、並行店では定価を下回る価格設定になっています。


出典:http://kakaku.com/item/K0001054564/#tab

ということは、正規店でも比較的容易に手に入るかもしれません。

考えてみれば、同モデルの人気色であるダークロジウムも、並行相場は常に定価を下回っています。

よって、ブラックが今後プレミア化する可能性は、かなり低いと考えるべきかもしれません。
そうであれば、非常にお買い得なモデルだといえるでしょう。

Trend items

 

オイパペ39【114300】ブラック・ホワイトのレビューや評判 エクワンとの違いなど

#114300 #oysterperpetual #oyster #wristshot #114300black

Claude Orenskyさん(@pruzzo66)がシェアした投稿 –

@rolex hit an absolute #homerun with the new #baselworld2018 #black and #white dials on the 39mm #OysterPerpetual #114300 😍

OTさん(@ranxoren)がシェアした投稿 –

Rolex Oyster Perpetual – 2018 Basel Release

Watch Exchange Co.さん(@mdgrwl)がシェアした投稿 –

ケースサイズは39mm。
カラーは定番のブラック・ホワイトで、しかもノンデイトとくれば、シンプル好きには堪らない仕様です。
また、ブレスが傷が目立たないヘアライン仕上げというのも、密かに嬉しいポイントです。

エクワン【214270】にも似た仕様ですが、違いといえばブレスがシングルロックである点と、ベゼル周りがドーム型である点ぐらい。
オイパペは、比較的“ドレスウォッチ”というイメージが強いかもしれませんが、これならむしろスポロレに近い感覚ですね。

品質良し、使い勝手良し、さらに価格も良しとくれば、まさに最高の実用時計です。
唯一、リセールバリューが物足りないといえばそうですが、それを除けば文句の付けようがありません^^

おすすめの記事




スポンサードリンク スポンサードリンク
ブランド腕時計専門店『ザウォッチカンパニー』
人気ブランドの新作や希少モデルが続々と入荷中

メンズ腕時計の人気店・有名店
ロレックス・オメガ・パネライなど高級機械式時計が充実

Trend items
人気の『時計ブログ』はこちら!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

にほんブログ村

このページの先頭へ