ヨットマスター・ダークロジウムの評判は?傷や重さ、厚さが気になる?

スポンサードリンク

 

既存のヨットマスター【116622】に、『ダークロジウム』の新色が加わったのは2016年のことでした。

それまで【116622】には、シルバーとブルー、2つの文字盤が存在しました。
しかし、ダークロジウムが登場するとシルバーが廃盤に。
現在はブルーとダークロジウム、2色の展開となっています。

ヨットマスターシリーズといえば、これまではスポロレの中でも特に高級なイメージがありました。
というか、高級なのは当然といえば当然。
ヨットマスターはラグジュアリースポーツ的な存在で、元々大衆をターゲットにした時計ではないのです^^

おすすめの記事

 

ロレックス初心者がまず目を付けるのがサブマリーナやエクスプローラー。
そして、GMTマスター2やシードゥエラーと、徐々にスポロレの魅力に嵌っていくのが定番の流れのように思います。

それらを一通り手にしてきたコアなスポロレファンのみが手にする時計・・・。
加えて年齢層は幾分高めで、例外なく裕福であること。
ヨットマスターといえばそんなイメージ、少なくとも私はそう感じていたものでした。

しかし、このダークロジウムの登場をきっかけに、ヨットマスターに対する世間の評判はだいぶ変わったように思います。
今や20代の男性や、比較的ロレックス歴が浅い人たちからも大注目の存在となっています。

そんなヨットマスター・ダークロジウムの気になる評判について調べてみました。

スポンサードリンク

ヨットマスター・ダークロジウムの人気の理由は?

まずこの時計の定価ですが、1,188,000円(税込)と高額です。

決して、庶民がおいそれと買えるような代物ではありません。

それでも、正規店では常に欠品。
入荷すれば即売れてしまうため、店頭に並ぶのは稀だといいます。

これほど高価な時計が飛ぶように売れるなんて、ハッキリ言って異常だとしか思えません。
しかし、所有者の声を聞いてみると、その価格以上の価値を感じる場合が多いようです。

ヨットマスター感染者が増えますように^ ^ #116622 #ヨットマスター #rolex

@ monmon_kunがシェアした投稿 –

これまで無かったダークロジウムの文字盤に、さらにロレックスでは初採用の水色に塗装された秒針の組み合わせ。
この唯一無二のカラーリングが、ロレックスの中でも一際特別な時計だと感じさせるのかもしれません。

そして、画像では一見地味に感じる文字盤ですが、光の角度によってだいぶ見え方が変わるようです。
実際、実物を見てしまうと、その美しさにやられてしまう場合が多いようです^^

Trend items

 

価格.comのレビューを読むと・・・


出典:http://kakaku.com/item/K0000891019/

価格.comには、既にヨットマスター・ダークロジウムを購入された方々のレビューが多数書き込まれています。
総じて満足度は非常に高いようですが、敢えてデメリット的な部分だけを抜き出してみます。

まずプラチナ製のベゼルについては、高級感がある一方で傷が付きやすいと感じる方もいるようです。
また、その美しさ故に少しギラギラしていてビジネスには多少不向きと捉える方もいるようです。

その他のデメリットに関しては、コレといって見付けられませんでした(笑)

重量や厚さについては、あまり気にならないという声がありました。
ロレックスのサブマリーナデイトと比較すると、重量は4g程軽い。
厚さはサブデイトの方が若干厚いとのことでした。

よって、質感や高級感だけでなく、スポーツウォッチとしての使い勝手も非常に優れているようです。
そのため、今やサブマリーナやシードゥエラー、GMTマスター2にも引けを取らない、人気モデルとなっています。

それら詳細なレビューや人気ランキングが気になる方は、一度価格.comをチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

↓ ↓ ↓ おすすめの記事 ↓ ↓ ↓


 

スポンサードリンク



Trend items


メンズ腕時計の人気店・有名店

ロレックス・オメガ・パネライなど高級機械式時計が充実


国産時計・ブランド時計のミドルからロープライスまで品数が豊富


人気の『時計ブログ』はこちら!
 

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

にほんブログ村

このページの先頭へ